忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
突きの力、倍増。
高い棒に手をかけてぶら下がり、腕の力を使ってアゴが棒の高さに来るまで身体を引き上げる筋トレ、懸垂。小学生ぐらいで習いますが、実はこれ、パンチ力アップに対してかなりの筋トレになるようです。

しかし、筋トレ全般に言えることですが、筋トレは正確なフォームで行わないと効果が半減してしまいます。その中でも、懸垂は目的部位にきちんと効かせるフォームを会得するのは初心者には困難で、専門家の指導をあおぐのが無難と言われています・・(驚)

さらには変なフォームで続けると、関節などを痛める原因にもなるんだとか・・。結構、危ないですね。専門家は身近にいないでしょうから、筋トレ本で写真を見て、勉強しましょう。

懸垂は一つの種目で広背筋、上腕二頭筋、三角筋後部、前腕筋群、と多数の部位を鍛えることが出来る優秀な種目です。特に「ヒッティングマッスル」と呼ばれる広背筋を鍛えるのに最もの種目なんで、捨てがたいですね~。


一般的なやり方としては、

① 鉄棒などにぶら下がったときの両手の幅は、肩幅よりやや広く取る。

② 体軸が地面(床)に対して垂直のまま引き上げるのではなく、上体をやや反った形で、鉄棒に自分の胸を引き付ける感じで引き上げる。

③ ゆっくり下ろす

④ 2~3を繰り返す

呼吸は、上がるときに吐いて、下がるときに吸う。


で、ポイントは


●両手の幅は、肩幅よりやや広くする
●鉄棒に自分の胸を引き付ける時は、やや上体を反る



の二つらしいです。
PR



突きの力、倍増。 | Comments(0) | TrackBack(0) | 空手用の筋力トレーニングについて

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 格闘技は空手、意識は暗殺者!♪ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]