忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[PR] |
外受けをどう実践で使うか?
外受け、特に中段の外受けは中段(腹部から首の下まで間)を攻撃した突きを受け流す技です。詳しくは外受けの記事をご覧ください。

やり方は相手がストレートパンチ(正拳突き)を撃ってきたと仮定

●相手のストレートパンチに対して、拳を耳の後ろまで一旦振り上げて、そこから肘を内側に曲げた状態で、手首を捻りながら、自分の正中線より少しいったところまで振る。


でしたが、今回はそれをどう実践で使っていくのかについて考えていきましょう。


外受けはずばり、「流し」の受けです。

ステップを駆使して左右に体を振り、まずは相手に的を絞らせない。そして、相手が突きを放ってきたところで、外受けではじくのです。


そうすると、こちらは半身ですぐ攻撃態勢に入れるのに対して、相手は力をこめた攻撃が流されたことで体のバランスを失って、次の攻撃に移るのに時間を要します。


しかも、このとき、弾かれた手が死角を作り、そちらの側から攻撃が非常に有利になります。



例えば、相手が左中段正拳突きを放ってきたとしましょう。あなたは右腕の外受けではじくわけです。


すると、相手の左手はそのままあなたのわき腹をすりぬけ、ついでに相手の顔も前のめりになって近づいてきます。


この時、相手は自分の左腕が邪魔で左からの攻撃が見えないのです。だからあなたはここで右半身を使った攻撃をすると有利になるのです。右上段回し蹴りなどのね。理解できました
でしょうか。

まあ、こういう風にうまくいくのは相手が一発一発に体をのめりこませるような初心者か、あなたの、受けから攻撃までの早さが尋常でないレベルであるときくらいですけどね。


練習あるのみ!!

PR

外受けをどう実践で使うか? | Comments(0) | TrackBack(0) | 空手の受けについて
空手の受け:外受け
空手の受け方の基本、今回は外受けです。基本の大切さをかみ締めつつ、しっかりやり方を研究して、練習しましょう。

外受け、特に中段の外受けは中段(腹部から首の下まで間)を攻撃した突きを受け流す技です。

(やり方)相手がストレートパンチ(正拳突き)を撃ってきたと仮定

●相手のストレートパンチに対して、拳を耳の後ろまで一旦振り上げて、そこから肘を内側に曲げた状態で、手首を捻りながら、自分の正中線より少しいったところまで振る。


攻撃を受ける部位は小指側の肉の厚いところ、つまり、手首と肘の間のぷにぷにしたところで受けるとダメージが少なくて済みます。受ける部位が悪いと、腕がダメージを負って動かなくなりますのでしっかり注意して、どこで受けるかを見極めましょう。


拳はだいたいあごの高さであればよい、と言われています。


いつものように、これまた半身を忘れずに。これで相手の次の攻撃が当たる確率を格段に減らすことが出来ます。相手のパンチをぷにぷにのところを捻りながら、「はじく」感じで受けるとコツがつかめるでしょう。

このとき手振りにならないように気をつけましょう。しっかり状態を大きくねじり、受けない方の手、つまり引き手をしっかりと絞って、後ろまで引っ張りましょう。


いつだって突き手と引き手があるように、受けにも受け手と引き手があるのです。

全体運動を意識しながら、姿勢を安定させてやりましょう。

中段外受けは組手などでもかなり使われる実践的な受けです。これができないと、中段に攻撃を受けまくってしまいます。そして、ボディばかり狙われてガードをボディに集中させてしまった瞬間に上段回し蹴り、という場面も多く見られます。


しっかり受けはやりましょう。


空手の受け:外受け | Comments(0) | TrackBack(0) | 空手の受けについて

| 格闘技は空手、意識は暗殺者!♪ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]