忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
グラップラー刃牙(バキ)
空手をやっているような“戦い好き”のみなさんなら知っている、有名すぎる漫画でしょう(笑)


『週刊少年チャンピオン』に連載されている板垣恵介という方が描いた格闘漫画です。

連載中にタイトルが変更されたため『グラップラー刃牙』『バキ』『範馬刃牙』の3つのタイトルがありますが、世界観やキャラクターは同一のものです。

(あらすじ)
東京ドームの地下では、徳川家の莫大な財産を受け継いだ徳川の子孫が「最強の格闘技者」を決めるためのデスマッチを夜な夜な行っている、という設定で始まります。

そこの最年少チャンピオンの範馬刃牙という少年が主人公です。


『グラップラー刃牙』は刃牙が幼少の頃から青年になって地下闘技場でチャンピオンになるまでの過程を、


『バキ』は青年になってから、地下闘技場だけでなく、外での様々な戦いを通して成長する過程を、


『範馬刃牙』は最大のライバルであり、現代世界最強の格闘技者であり、範馬刃牙の父でもある範馬勇次郎を倒すための修行の過程を(今はこれを連載中)


描いています。


叫び声や悲鳴を表すセリフの最後に「ッ」、「ッッ」といった表現を多用するのが特徴
(wikipedia)


いや、まさにその通りwwwwww



とにかく、台詞が


「空手には百年の歴史があるッッ!!」

とか

「笑わせるわッッ!!」



とか勢いが激しいんですよねwwwwあと、絵とかもかなり筋肉が詳細に描かれていて、人の動きとかをすごいリアルに描いているなあといつも感心しています。



芸術的漫画といえば、「ジョジョの奇妙な冒険」があがりますが、グラップラー刃牙も同じレベルにあると言っても過言ではないでしょう。


なんといっても、驚きは作者の格闘技その他人体というものに関する詳細な描写とそれを支える圧倒的な知識量ですね。

作者自身も相当の手練ということが感じ取れますね。


空手についてももちろん鮮明にかつ細やかに描かれていますが、それ以外の格闘技、というよりも「格闘技そのもの」についての知識と心構え、精神などを教えてくれる濃厚な一冊です。


まだ読んでない方はぜひ一度読まれてみるといいかと。絶対格闘技の練習したくなりますよ(笑)(^^)
PR



グラップラー刃牙(バキ) | Comments(0) | TrackBack(0) | 空手のマンガ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 格闘技は空手、意識は暗殺者!♪ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]