忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
船越義珍とは?
日本空手協会の初代最高師範である船越義珍(ふなこし ぎちん)という方はどういう方だったのでしょうか。松涛館という言葉は聞いたことがありますが、その創始者でもあるようです。

1868年12月23日から1957年4月26日までが彼の生涯でした。沖縄県出身の空手家で初めて空手(当時は唐手)を本土に紹介した一人と言われているそうです。

空手は昔は沖縄では「唐手」と呼ばれていたらしいですが、こっちに来る時になんで空手になったんでしょうね。それは調べ切れませんでした…。

船越義珍は、日本本土に上陸した後、講道館において嘉納治五郎らの前で空手の演武をしたそうですが、これが反響を呼んで空手が日本本土に広まる切っ掛けとなったようです。嘉納は、船越の演武を見て、演武後、船越に対し、講道館の当て身技などの知識も参考にして、質問をしたんだとか。船越に対して、「ここは、こう突けば良いのではないか?」など、かなり具体的・積極的な会話がしていたらしいです。

実は現在の空手着が柔道着に似ているのも、船越が講道館で演武したときに柔道着を着て演武したためだそうです(驚)

そのあと、色々空手を普及させていく過程で空手という武道そのものをもっと練り上げる必要を感じて、かなりの努力をしたようです。やはり、何事も0から創り出すというのは厳しいんですね…。


他にも噂があって、定かではないんですが、極真会館の創始者「マス大山」も弟子入りしていたとか……本当でしょうか…。

PR



船越義珍とは? | Comments(0) | TrackBack(0) | 日本空手協会

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 格闘技は空手、意識は暗殺者!♪ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]